2023年5月31日754 ビュー View

【熱中症対策】トイプードルにおすすめのクールスヌードは「HAINU」で決まり。

熱中症はとっても怖く、毎年多くの犬たちが旅立っています。けれどオーナーさんの対策次第で、ほぼ100%予防することができます。

熱中症対策は5月には始めるのがベター。「やりすぎ」くらいがちょうどイイと考えましょう。

 

今回ご紹介するのは、これからの時期に欠かせないクールスヌード。デザインもさることながら、機能性もバツグン。ぜひトイプードルたちに使ってほしい逸品です!

夏はトイプードルも「クールスヌード」が必須!

トイプードル,熱中症,クールスヌード

(出典:PEGION

熱中症を予防するためにも、首元を冷やすクールスヌードは必須アイテム。

 

首には太い血管が流れているので、スムーズなクールダウンが期待できるのです。

 

すでに日中は25℃を超える日も増えていますから、愛しのトイプードルのために、早めにゲットしましょう!

 

編集部オススメ!「HAINU(ハイヌ)」のクールスヌードが超COOL

フレンチブルドッグ,クールスヌード,hainu,PEGION

編集部がオススメするのは、「HAINU(ハイヌ)」のクールスヌード。

※正しい商品名は「NEW COOL NECK BAND」

 

トイプードルたちにオススメしたい理由をご紹介しましょう。

 

 

①首周りにフィットする!オリジナルの保冷剤が良い

トイプードル,熱中症,クールスヌード

(出典:PEGION

「HAINU(ハイヌ)」のクールスヌードには、オリジナルの保冷剤がついてきます。

 

これがトイプードルの首にジャストフィットするサイズ感なのです。

トイプードル,熱中症,クールスヌード

(出典:PEGION

 

一般的なクールスヌードは、ケーキ屋さんやスーパーでもらう保冷剤を使うことが多く、トイプードルには少し大きいんですよね…。

 

一方「HAINU(ハイヌ)」の保冷剤は小ぶりなので、首の前側にもしっかり当たってくれます。

 

 

②保冷剤が溶けても使える!ウォータークール地

フレンチブルドッグ,クールスヌード,hainu,PEGION

「HAINU(ハイヌ)」のクールスヌードは、水に濡らすだけでひんやりするウォータークール地を採用。

 

もし保冷剤が溶けてしまったら、水で濡らしてあげればOK。

 

「替えの保冷剤を忘れてしまった!」

「予定よりお出かけが長引きそう!」

 

そんなときも安心です。

 

 

③バックルだから、着脱も簡単!

フレンチブルドッグ,クールスヌード,hainu,PEGION

トイプードルたちは、カットの前後で首周りの太さが変化します。

 

「HAINU(ハイヌ)」のクールスヌードは調節が可能なので、被毛の長さに合わせて小まめに調節できます。

 

しかもバックルタイプだから、カチッとハメるだけで装着完了!

フレンチブルドッグ,クールスヌード,hainu,PEGION

 

 

冷やし方に注意!首の後ろは冷やさないように!

トイプードル,熱中症,クールスヌード

(出典:PEGION

「HAINU(ハイヌ)」のクールスヌードは、首を一周しないところもオススメしたいポイントです。

 

首を冷やすときは、「前側(アゴの下)」を冷やすべきと知っていたでしょうか。

 

首の「後ろ側」の神経を冷やすと、脳が『もう冷えたから大丈夫』と勘違いし、体温調節の邪魔をしてしまいます。

 

首をぐるりと一周するクールスヌードは、一部に保冷剤を入れないようにするなど、工夫が必要なのです。

 

一方「HAINU(ハイヌ)」のクールスヌードは前を冷やすにはベストな作り。

 

使用するときはバックル側を後ろにして、保冷剤が前に当たるようにするとグッドです。

 

クオリティの高さも納得!作ったのは、あのPEGIONだった!

HAINU(ハイヌ)は、ドッグブランド「PEGION(ペギオン)」が展開する犬専用のオリジナルブランド。

 

PEGION(ペギオン)を運営するPELIさんとアヤコさんは、トイプードル2頭のオーナー。

 

トイプードルに詳しいふたりが作っているからこそ安心できて、親近感も湧きますよね。

左:アヤコさんとオリオン(7歳)/右:PELIさんとペガサス(13歳)

 

クールスヌードは暑くなるとすぐに売り切れてしまうので、気になる方は早めにゲットするのが吉です!

 

 

 

 

こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

海外から届く、洗練されたトイプードルグッズ5選【オーナー向け】

 

紹介されたアイテム

いいなと思ったらシェア

おすすめ記事